2020年7月17日金曜日

オンライン礼拝を提供しているYoutubeチャンネル(登録者数順)

新型コロナウイルスの感染拡大にともなう自粛要請によって、4月から教会の礼拝をオンラインで提供するようになりました。そして5月の自粛解除後も、自宅で礼拝を視聴される方々のためにオンラインでの提供を続けています。普段は外部にオープンになっていない教会の礼拝をYoutubeや動画配信サービスで見れるようになったのは、とても大きい変化だと思います。私自身も動画配信について勉強したり、他の教会のオンライン礼拝を参考にさせてもらいながら、どうやったらより良い配信ができるか試行錯誤の日々です。今回のオンライン礼拝の対応の中で、いろいろ調べてみると、実は何万人というチャンネル登録者をかかえる教会もあったりして驚きました。今日はその中でも、1000人以上の登録者があったオンライン礼拝している教会のチャンネルを紹介させて頂きます。(登録者数は2020年7月時点です、各Youtubeチャンネルのリンクは教会名につけています)

1.東住吉キリスト集会(4.31万人)











4万人も登録があると、オンラインで言うメガチャーチですね。大阪へブル研究所の高原剛一郎先生が牧会者をしておられるキリスト集会です。中には130万回以上再生されている動画もあり、キリスト教関連では最人気のコンテンツと言えるでしょう。


2.ハーベスト・タイム・ミニストリーズ(3.28万人)

中川健一先生のハーベスト・タイム・ミニストリーズも日曜日にハーベストフォーラム東京定例会の内容をYoutubeで配信しています(2020年7月時点)


3.カトリック関口教会(11000人)











カトリック関口教会は東京大司教区の司教座聖堂で、丹下健三氏が設計したことで有名な東京カテドラル聖マリア大聖堂でのミサを同時配信しています。さすがに荘厳な雰囲気のミサです。カトリック教会のミサをこうして視聴できるのもコロナ禍にあっての祝福の一つだと思います。


4.Life House Tokyo(5210人)












東京で最も大きいインターナショナルチャーチだけあって、5000人以上の登録があります。


5.聖イグナチオ教会(4020人)



東京の四ツ谷にあるカトリック教会です。日本語、英語、スペイン語、ベトナム語と多言語でのミサの配信をしています。


6.大和カルバリーチャペル(3690人)









日本のプロテスタント教会では最大規模の教会です。スイッチャーも積極的に導入して同時配信しています。オンライン配信をどのようにしたらいいかとても勉強になります。


7.小渕沢オリーブ教会(1480人)











聖書フォーラムに所属する教会で、地方のこの規模の教会としては1000人以上の登録者がいるのは本当にすごいです。


8.NCC Tokyo (1420人)











ニュー・コミュニティー・チャーチ東京は、同じ教団(日本同盟基督教団)のチョー・ドリュー先生が品川に開拓された教会です。ドリュー先生のメッセージは分かりやすくてとても良いです。開拓当初から配信を続けているので、登録者も多いです。


9.Grace City Tokyo Church (1220人)









グレースシティーチャーチ東京のYoutubeチャンネルです。新型コロナウイルスが収束するまでオンライン礼拝を続けますとの案内がホームページでされています。毎回の音楽・賛美がとても素晴らしいと思います。


キリスト新聞社のホームページでは、全国のオンライン礼拝を提供している教会のリストを随時更新されていたりします。コロナ禍とはいえ、これだけ多くの教会が礼拝もしくは聖書のメッセージをインターネット上で公開するようになったのはすごいことだと思います。世間一般にも、教会がどのような場所で、どんなことをしているのかを紹介できる良い機会になるでしょう。

ちなみに私が所属している茨木聖書教会も日曜礼拝を毎週同時配信しています。この前は近所の方がオンライン礼拝を見て、実際の礼拝に来てくださいました。オンライン礼拝が教会を紹介したり、新しい礼拝のスタイルとして用いられて行くことを楽しみにしています。
茨木聖書教会Youtubeチャンネル

2019年6月14日金曜日

大阪に戻って5年目になりました

久しぶりの投稿です。留学から帰って大阪に戻ってから早5年が経ちました。奉仕先の教会ではタイトルが副牧師(Associate Pastor)になり、働きも広がって充実した毎日を過ごしています。

働き自体は3年前と大きく変わっていませんが、中身はどんどん濃くなっているというか、これからどう取り組んでいったらいいか思案する毎日です。帰国当初は100名前後だった英会話スクールが2拠点で240名規模になり、ゴスペルクワイヤーも最近は参加者が3グループで60名を超える大所帯になりました。フットサルチームは3部から2部に昇格し、今年からは役回りとして大阪府フットサル連盟の役員を担当させて頂いています。不思議なことに働きが広がって、もうこれ以上出来ない・・と思った時に、素晴らしい協力者が与えられて、また一段とバージョンアップしていくという経験をさせて頂いています。特に英会話スクールに関係して、カナダ・バンクーバーのタペストリー教会とのパートナーシップが与えられたことはとても感謝なことで、毎年夏にサマーミッションチームが来日してVBS(バケーションバイブルスクール:楽しい英語の日帰りキャンプ)を開催してくれています。

目の前の奉仕に忙しくしていると、なかなか「福音の文脈化」というテーマについて考える機会がないのですが、今年2月のバンクーバー訪問の際に取り組むべき新しいテーマを頂くことが出来ました。今年はバンクーバーは大雪で、リージェントカレッジ訪問日は、見事に大雪でスクールが完全クローズしていました。せっかく先生方にアポイントを取っていたのに、1件目はキャンセル。途方に暮れていると、2件目のアポだったSteven Gaber教授から、「せっかくだったら自宅で話しましょう」とのお誘いを頂き、先生のご自宅でMarketplace Theology(市場神学)の個人講義を(2時間も!)受けることができました。帰り際には3冊の課題図書を頂き、何か少し学生時代に戻ったような気分です。(ちなみにまだ1冊目の途中です・・)やはり、Marketplaceは、自分の中で「福音の文脈化」を考えるべき場所というか、信仰と仕事の統合を日本の文脈の中で探求したいという思いを改めて確認することが出来ました。2年前からVIPオーナーズにおいてレギュラ―講師としてビジネスと聖書についてお話する機会を頂いていますが、Marketplaceの学びを続けながら、新しい分野に祈りつつチャレンジしていきたいと思います。

まずは教団の7月の青年キャンプでVocation(天職)についてお話させて頂きます。












2月に訪問したカリフォルニア・ハンチントンビーチの空は青く澄んでいました

2016年5月24日火曜日

伝道師の仕事と教育プログラムについて

カナダから帰国して、地元の教会で奉仕を初めて1年が経ちました。教会の伝道師という仕事に慣れるまで時間がかかりましたが、最近になってようやく落ち着いてきた感じがします(と言っても相変らず忙しい毎日ですが・・)

昔の仕事で「業務要件定義」と言って、ひとつひとつの業務について何をするのか細かく定義するようなことをしていた記憶がありますが、改めて教会の「伝道師」ってどんな仕事なのか、担当奉仕をリストにしてみました。

・礼拝説教奉仕(月1回ペース)
・教会学校の校長(主に小学科と中高科を担当)
・礼拝宣教部の担当教師
・教育部の担当教師
・受洗準備クラスの担当
・信徒教育プログラムの企画と提供
・青年会のリーダー会とりまとめと個人フォロー
・家庭集会の担当(定期は2か所、主任牧師出張時のバックアップ)
ハートフル英会話教室(専任教師3名、生徒150人)の経営
・ゴスペルクワイヤー(月2回練習)のディレクター
・フットサルチーム(大阪3部リーグ所属)のチーム代表とマネジメント
といった感じでしょうか。聖書の解き明かしから、子供たちの教育、英会話スクール経営、スポーツチーム運営まで業務の幅の広さに、たまに自分が何屋さんなのか分からなくなる時もありますが、朝6時の早天祈り会に始まり、夜の英会話スクールの対応までとにかく充実した毎日を送らせて頂いています。

ところで神学校(リージェント・カレッジ)で学んだことを教会の現場でどのように生かしているのか?という問いがありますが、上の奉仕リストの中では、「霊性の神学」と「キリスト教の文脈化」を統合したテーマとして新しい「信徒教育プログラム」の準備を帰国から1年かけて行い、この春に教会の信徒教育プログラムとして始めさせて頂くことになりました。毎週開講(1回2時間、全13回、約3か月)の集中プログラムですが、今年1月から4月まで、教育部のメンバーに対してパイロット版を実施し、この5月から第1クールがスタートしています。

■信徒教育プログラム(仮称:バルナバ・コース)の内容
第1回 教会のビジョンとアンテオケ教会について
第2回 クリスチャンの確信、福音の再確認
第3回 霊的生活(祈り)について
第4回 聖書の読み方
第5回 聖書が教える人間関係
第6回 霊的な友情を深める
第7回 感情のコントロールについて(怒り・悲しみ)
第8回 家族と育った環境、過去の経験の影響を知る
第9回 聴く技術と牧会ケア
第10回 教会に生きる(奉仕について)
第11回 クリスチャン日本人として生きる、福音の浸透(文脈化)のために
第12回 伝道について 基本編
第13回 伝道について 実践編


教会のオリジナルの教育プログラムなので、教会のビジョンであるアンテオケ的センター教会(使徒11章、13章)という概念を軸に、教会のメンバーの方の意見を取り入れながらカリキュラムを作らせて頂きました。特徴としては「霊性」や「情緒」の部分もしっかり取り扱いながら、「奉仕」「伝道」という実践的な内容も盛り込んでいます。コースの企画・作り込みに際してはリージェントで学ばせて頂いた「Soul of Ministry」がとても参考になりました。単なる座学ではなく、小グループでディスカッションを中心にお互いに学び合い、成長を励まし合うモデルを採用させて頂いています。

これから年2回ペースで平日と土曜日コースを提供することになりますが、今回は2クラス合せて20名強の方が受講して下さっています。実はメンバーの多くは私にとって信仰の大先輩である方々で、講義させて頂くのも非常に恐縮です。しかし、コース参加者の方で信仰歴40年以上のある姉妹が言われた「私の信仰の成長のためにこのクラスを受講させて頂きたいと思います」という言葉に、改めてクリスチャンの成長は生涯にわたって続くものであることを覚えさせて頂きました。

「私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。」コリント人への手紙第二3章18節

2年目も働きも神さまに期待しながら、しっかりと進めていきたいと思います。


















アシュレイ茨木(フットサルチーム)練習風景(勝利を目指して日々練習に励んでいます!)